12月≪ 2014年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.01/31(Fri)

スプーンの制作-2-

続きです。

スプーンの凹部分を

丸刀と先曲丸刀を使って彫り進めます。

端から中心に向かってサクサクと

DSCN0312.jpg

先端部分はクランプで固定して削ります。

DSCN0285.jpg  

仕上げに先曲平刀で削り跡を整えます。

DSCN0314.jpg

部屋が汚れます。

DSCN0289.jpg

これからが、ぐっとガマンの時が始まります。

紙やすりで形を整えていきます。

#60→#120→#220番を使います。

DSCN0325.jpg

紙やすりは、力よりも回数だと

わかっているんですがつい力が入ります。

#120番が終わった後のスプーンです。

何とか形になりました。

DSCN0321.jpg DSCN0324.jpg

#220番で磨くとツルツルになりますが、

ここから更に、

DSCN0328.jpg

水につけて、よくふいて乾かします。

するとツルツルが毛羽立ったざらざらになります。

それをまた、#400番で磨きます。

また、水につけて乾かします。

毛羽立ちがなくなるまで繰り返します。

だいたい3~4回で毛羽立ちがなくなります。

水につけると、表面が均一に磨き上げられていないのが

よくわかります。

水につけてもむらなく均一な表面になるとおしまいです。

DSCN0329.jpg

ここまで来ると

手で触れると、ツルツルで気持ちいいですよ。

DSCN0331.jpg

部屋の汚れを少しでも軽減するために、このボックスの中で小刀で削ったり、

紙やすりをかけます。

スプーン3本分の木屑です。


続きは次回に。








拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
スポンサーサイト
19:51  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT