09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.06/15(Sat)

かなり遅れてのアップ

火曜日、開田高原へ 得意の日帰り釣行。

6週連続。

開田高原は新緑真っ盛り。

水生植物園に車を止めて、釣り始めました。

DSC_0036.jpg

菖蒲の花がきれいでした。

IMGA0094.jpg

さて釣りは。

まるで8月の渇水期のような川の様相。

やはり雨がしばらく降っていないので、本来岩魚がつくポイントが

無くなっていました。

いつもの、毛鉤には全く反応せず。

サイズを落とすと(12・14号)で、かわいいタナビラが

反応していました。

IMGA0096.jpg

相棒の釣った岩魚君。

リリースボックスに入れたときは、元気はなかったのですが

元気になってリリース。

IMGA0102.jpg

私と遊んでくれた、岩魚君。

恥ずかしくて顔を隠しています。

写真の腕は相変わらず下手です。

タナビラより、岩魚君がよく遊んでくれました。



工房では、ロッドケース作りに励んでいました。

テンカラロッド用。

IMGA0120.jpg

材は、ファルカタ集成材.

強度的には問題があるのですが、

軽いのが魅力です。

IMGA0122.jpg

ファルカタ集成材.よりも、ケース蝶番とパッチン錠のほうが

コストがかかりました。

でもしめて、800円弱。

IMGA0123.jpg

まず、箱作り。

IMGA0126.jpg

上下のそこをつけて、角をとります。

IMGA0130.jpg

今日はここまで。


で、この後は、以前作った相棒のロッドケースで説明します。

この後、よく磨き上げて、蓋と本体を斜めに切り分けて、水性ニスで仕上げます。

DSC_0009_20130615204455.jpg

蝶番と錠を取り付けて完成です。

以前作った相棒の振り出しルアーロッドのものです。

こんな感じになる予定です。




もう一つ、チョウ簡単なロッドケースです。

IMGA0132.jpg

細身の樋を、ロッドの長さに合わせてカット。

ゴム製の机の脚カバーをつけて、下は接着。

上は蓋としてはめ込みます。

少しきつめなので、ピッタリです。

IMGA0135.jpg

上下に、結束バンドで、道具箱に転がっていたリングを取り付けます。、

蓋の部分のゴムカバーにゴム紐を取り付けて、リングににくくりつけました。

使わなくなった鞄のショルダーベルトを取り付けて、完成。

2本のテンカラ竿が入ります。

制作時間は、30分もかかりません。

意外とゴムカバーが高かったのですが、

やすくできあがりました。




明日からの、信州への釣行に持って行きます。

ええええ・・・・・・

また、行くのという声が聞こえてきそうですが。

言い訳になりますが。

我が家は、食べ物も着るものも、身を飾るものも超シビアな生活ですが。

アルコールも、第三のビール(350cc)

二人で1本です。



でも、釣りと旅行には、お金を惜しみません。

もっとも、宿泊料は1泊2食で8000円が目安です。

相棒によると、釣りと旅行が家計の大部分を占めているそうです。



拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
スポンサーサイト
20:48  |  釣行記&工房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |