03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.04/18(Tue)

レインボウな日

4月17日(月)

ようやく今シーズン初釣行。

午前2時起床(トイレに行きたくて自然に目が覚めます)。

蒲田川のいつもの駐車場に午前7時30分到着。

フライフィッシャー二人。全日より駐車泊のご様子。

他に、フライフィッシャーのペアが一組。

薄曇り、昼から激しい雨との天気予報。

年券購入後、すぐにいつもの保育所前から入渓。

水は平水。暫く渇水が続いたのか、底は真夏の渇水時のように

よく滑ります。

1時間、何の音沙汰もなし・・・・・

太陽がでて暖かくなってきてようやく

虹鱒。

P1030104.jpg 
この後25センチ前後の虹鱒5匹のみ。

山女魚も岩魚もでません。

P1030100_20170417211409fc7.jpg 
P1030114.jpg 

やっとでた山女魚も小ぶりです。

この後も虹鱒が続きました。

10時、おなかが減ったのでハムカツサンドを食べに

駐車場へ。

先ほどのフライフィッシャーお二人と

釣り談義。

やはり小さな山女魚と虹鱒ばかりがでるそうで。

昼から宝橋下から再開。

ホウライマス(?)27センチ。

P1030113.jpg 

この後、

4人のフライフィッシャーとぶつからないよう

いつもとは違う、左岸側へ移動。

やはりでるのは、小さな山女魚を除いて

虹鱒ばかり。

午後1時ごろ。

段々辺りが暗くなってきたので、あと1匹で終わろう・・・・・

駐車場よりやや上流の、流れの早い真ん中あたりで

P1030116_20170417211414b2e.jpg 

34センチの虹鱒。

流れが早いので、下流へ下流へとヒヤヒヤしながらの5分あまりでした。

レインボウな一日でした。



拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
スポンサーサイト
13:58  |  釣行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.09/12(Mon)

一年ぶりの木曽

 禁漁まであとわずか。

あと二回のうち今日は西野川へ。

末川か西野川か迷いましたが、

西野川の方が空いているに違いない。

勘が当たりました。

釣り人ゼロ。

準備をしていると、静岡ナンバーの四駆が。

若い(私より)フライマン。

木曽川水系は初めてとのこと。

午前中は西野川。

午後から末川に行くとのこと。

末川の入渓点とトイレの場所を伝えて、

お祭広場の最下流から入渓。

川は減水、曇り空。

1609120.jpg 

幸先よく23センチの岩魚。

10日に最後の岩魚 放流があったので、残り物?

1609121.jpg 

カワイイアマゴ。

1609123.jpg 

ちょと大きくなりました。

1609124.jpg 

アマゴは小さいですね。

同じサイズばかりが出ます。

1609125.jpg  


 1609127.jpg 

9匹目もアマゴ。

ほぼ同サイズ。

10匹釣って漆器を見に行く予定。

でも10匹目がなかなか出ません。

1時間ほど音沙汰なし。

1609122.jpg 

やっと岩魚が。

予定終了。

休憩なしではさすがに疲れました。


歯が悪いので、歯が要らない飲み物のカレーライスで昼食。

ゼリーと羊羹も。

いつになったら固形のものが食べられるのかな?



漆器店をいくつか回って帰りました。

大桑の道の駅で、桧板を購入。

来年の干支作りと、赤ちゃん用ガラガラの材料です。

それと拭き漆をボチボチ再開します。


あと1回は石徹白へ。

釣りから木工へシフトチェンジです。






拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
20:59  |  釣行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.09/08(Thu)

蒸し暑い一日でした

先週は歯の緊急治療で釣行できず。

今週は台風接近で、どうするか迷っていましたが

6日(火)石徹白へ。

10日から禁漁になる蒲田川の予定でしたが、 

石徹白へ変更。

雨雲が分厚く覆っていて、暑苦しい朝でした。

スキー場もキャンプ場も車は一台もなく貸し切り状態でした。



いつもの場所からではなく

C&R区間の最初の小堰堤上流から入渓。

小さい岩魚

1609060.jpg 

大きくないですがいい顔のアマゴ

1609061.jpg 

1609062.jpg 1609063.jpg 

この頃から雨が降りだしました。

体中が雨と汗でベタベタ。

カワイイアマゴも

1609064.jpg 1609065.jpg 

1609068.jpg 1609069.jpg  

1609066.jpg 16090612.jpg 

岩魚:アマゴ=7:3

岩魚の日でした。

制限数の10匹になったのがキャンプ場前で10時。

いくら何でも帰るには早すぎるので、暫し休憩。

雨が止んで更に蒸し暑く。

うんざりです。

歯の調子が悪いので、

昼食は卵サンドに

16090613.jpg 

ゼリー飲料に

DSCN0886.jpg 

SPORTS YOーKAN(スポーツようかん)・・・お気に入りです


小1時間の休憩。

本流へ。

福井県境から釣り上がり

16090610.jpg 

16090611.jpg 

25センチの岩魚。

二匹釣ったところで、12時前に納竿。

日差しは強くなかったですが、ヘロヘロになりました。






拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
19:07  |  釣行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.08/24(Wed)

夏バテ?

 まだまだ暑い日が続いています。


今年のお盆は、ボランティア大忙し。

さらに

連日の熱帯夜とオリンピック視聴で睡眠不足。

ちょっとバテ気味。

腰痛復活?

と思いきや、風邪から来る腰痛で、

久しぶりに体温が38度を超えてダウン。

3日間完全休養をとって

やっと先週末に復活。



石徹白の年券が見つからず、蒲田川と思ったのですが、

病み上がり無理をせずに石徹白へ。


かなりの減水。

いつものスタート地点では、アマゴらしき魚影がいく匹も。

しかし、毛鉤無視。

からかうようにジャンプを繰り返していました。

  230.jpg 231_2016082318455281c.jpg 

ようやくカワイイ、アマゴと岩魚。

232_20160823184553277.jpg  

ちょっとサイズアップの岩魚。

最初の橋あたりで、若い(私より)テンカラ師に遭遇。

橋下から入渓されたようで、

日頃から一所で粘らないので追いつかれてしまったようです。

そこで川から上がりました。


最初の小堰堤上流から再入渓。

いつもは出るところからは、音沙汰なし。

234.jpg  

やはり、岩魚。でも小さいですね。

大きいのは何処?

235.jpg 

少し大きくなった。

236.jpg 

これで24センチほど。

次の橋の下流で上の写真より大きい(たぶん)

岩魚が取り込み損ねて、写真がありません。

本当に逃がした魚は大きい

病み上がりで、少々疲れて駐車場へ。

サンドイッチを食べて暫時休憩。


キャンプ場下までいくと、先ほどのテンカラ師が

橋の下に。

キャンプ場からの再入渓を諦めて、駐車場から上流へ。

あたりがあったのですが、バレること数回。

鬼塾で榊原さんに指摘された様にピックアップのタイミングが

やはり早すぎるようです。

気がつくと、先ほどとは違うテンカラ師が後ろから。



のんびり釣りたいので、そこでやめて駐車場へ引き返し、

再び休憩。

天気がよくて日差しが強く、バテバテです。



キャンプ場へ。

テンカラ師の姿は見えず、もう上流へ行った様子。

きっと渋いだろうと思いながらも、一投目。

虹鱒。20センチ強の大きさですが、強い引きでした。

ジャンプを繰り返し取り込むのに手間取りました。

237.jpg 

場を荒らしてしまったのでよくないなあと思いつつ。

すぐにアマゴが

238.jpg 

すぐ近くから

又々アマゴ。

239.jpg 

「テンカラと建築」さんの言われるとおり、キャンプ場下は魚影が濃いようです。

ここで制限数に達してしまい納竿。

3週間ぶりの釣りで、少々お疲れ。

昼前でしたが、「白鳥美人の湯」に立ち寄って我が家へ。


拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
12:00  |  釣行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.08/09(Tue)

年券が・・・・・・

4日(木)は蒲田川へ。

お盆前の最後の釣行。

石徹白・峠川の予定でしたが・・・・・

石徹白川の年券が行方不明。

先週の釣行で落とした(?)

仕方なく、蒲田川へ。



今年は冬の雪不足で、雪解けが早く終わったので

渇水が続くのかと思いきや、

奥飛騨は雨が多く、高水気味。

蒲田川は広い河原のため、木陰がなく晴れると

熱い熱い。

夕まずめに釣る事が出来ないので、朝にかけます。

深夜の弾丸釣行のため、どう頑張って7時過ぎからの釣りに。

釣り人の姿なく、ゆっくりと着替えて8時開始。

840.jpg 

842.jpg 

841.jpg 

いつもは25センチほどのサイズがよく出るところからは、

写真のような20センチぐらいの小さいのが、次々と出ました。

大きいのは白泡深くに隠れているようです。

何回か大きいものの感触があったのですが、取り込みには到りませんでした。

845.jpg 

たまにこんなのも顔を見せてくれましたが。

昼からも

843.jpg 

846.jpg 

847.jpg 

サイズが上がりません。

もっとも夏休みで、観光客の川遊びで、右岸側は避けて

左岸を主に釣ってみましたが、やはり大きいのは

右岸側(?)にいるのかな。

数だけは30を超えましたが、大きいのは「0」。



お盆が終わるまで、釣はお休みに。

8月第四週から再開です。

作業所がお盆休みになると

ボランティアで忙しくなります。



拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
15:00  |  釣行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT