05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.05/18(Thu)

タモ完成

ようやく、タモ完成。

17回漆を塗り重ねました。

P1030174.jpg 

網はピンでつけました。

次回つくるときは、別の方法で網を付けて見るつもりです。

P1030175.jpg 

持ち手が少し細いので、滑り止めに籐を巻いてみましたが、

相変わらず雑です。

見た目のアクセントではないので、そのまま漆を塗り重ねました。

土曜日からの、庄川・石徹白への釣行にギリギリ間に合いました。




  拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
スポンサーサイト
10:36  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.04/30(Sun)

タモ&毛鉤ボックス摺り漆途中経過

タモと毛鉤ボックスの摺り漆(拭き漆)も5回を過ぎました。

生漆赤目で摺ります。

仕上がりが少し赤みを帯びて出来上がるはずです。

P1030148.jpg 

生漆黒目で仕上げています。

黒みかかった感じに出来上がる予定です。

P1030147.jpg 

タモも黒目で摺りました。

P1030146_20170427202933fb1.jpg 

木質の違いで、タモはなかなか木の中に漆が浸透しないようです。

10回以上の摺が必要かも知れません。

持ち手の方は、木目がきれいに出てきました。



  
拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
09:03  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.04/28(Fri)

鯉のぼり

相も変わらず、泥縄ですが

ようやく鯉のぼり完成。

P1030150.jpg 

全てプレゼント用で、もう5月だというのに、

毎回の反省。

この鯉のぼり、シナ共芯合板の4㎜と9㎜を使います。

材そのものが薄くて柔らかいので、非常に切りやすいのですが

窓抜きが頻繁に出てきます。

一つの作品に80回の窓抜きが登場します。

切る作業よりも、小さな窓抜きを80回繰り返すために

80回糸ノコ刃の留め具を外し、また留める。

こちらの時間の方が多いのでは。


5年前に作ったときよりも、少しは技術が向上したようです。


    拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
13:00  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2017.04/13(Thu)

毛鉤ボックスの制作 -4-

ようやく毛鉤ボックスの制作も終わりが見えてきました。

トリマーテーブルの使い方も慣れ、作り方のコツが

ようやくわかってきました。

P1030089_20170413184543c38.jpg P1030090_20170413184544f5c.jpg 

P1030091_20170413184546486.jpg P1030092_201704131845486ce.jpg 


P1030093.jpg P1030094_2017041318461411c.jpg 

三つとも、アキスコ フォームフライパッチ SFタイプ

or
アキスコ フォームフライパッチ Fタイプがピッタリ入るサイズです。

内側の大きさ 90㎜×62㎜

外側の大きさ 約105㎜×90㎜




やや小ぶりサイズのボックス。
P1030095_20170413184616203.jpg P1030096.jpg 


P1030097.jpg P1030098.jpg   

角形パッチン錠が1つ残っていたので、

つけてみました。

内側の大きさ 65㎜×65㎜

外側の大きさ 80ミリ×90ミリ

もう少し、丁寧に紙やすりをかけて、漆で仕上げます。


明日からは、鯉のぼりの制作です。


拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
19:13  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.04/05(Wed)

悪戦苦闘

今年はやはり春の訪れが遅いようで

ようやく桜便りが大阪にも。

しかし、鼻がムズムズ・目がショボショボ。

どうやら我が花粉症は杉花粉ではないようです。

桧かな? 

くしゃみが連発で出ます。



前回のアップから二週間。

いくつ毛鉤ボックスを没にしたことでしょう。

6or7個。

作り始めの失敗ならいざ知らず、最終工程でミスを連発。

微妙なズレが・・・・・。

正確に作りたいがために、大枚をはたいて購入したトリマーテーブル。

どうしても詰めが甘い。

生来のいい加減さがあだになり、最終工程にはいって

微妙なズレが加算増幅されて不満足な結果に。



前回までの毛鉤ボックスは

拭き漆は最終工程に。

P1030037.jpg 

今回の生漆は黒目を使ったので

前回の赤目漆とは雰囲気が違います。

P1030038.jpg 




悪戦苦闘の末、やっとできた一個です。

P1030034.jpg P1030035.jpg 
P1030036.jpg 

今回はピンヒンジ隠しに、丸棒を埋めてみました。

ピッタリと重なって満足できるものが

やっと一つできました。

少し木の欠けがあるので修復しながら仕上げます。



以前から渓流タモに漆を塗ってみたくて、塗装前のタモを

探していました。

ハックル70さん(釣り好き老人の日々)に無理をお願いして

制作途中のタモを譲っていただきました。

それだけでなく、更にもう一つと鹿の角も。

大事に作らせていただきます。

ありがとうございました。


工芸漆を塗っておられたので、紙やすりできれいにして

漆を塗っていきます。

P1030033.jpg 

まだ、釣りの用意をしていません。

いくつかのボランティアの予定があるので

どうやら4月の中旬が初釣行になりそうです。

準備せねば・・・・



拍手・コメントいただけると励みになります。(*^^)/
拍手への返信は、コメントいただいた記事のボタンをもう一度押していただけるとお読みいただけます。
11:15  |  倉庫工房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT